観ないとソンダと思ったので

だれでも発信できること自体が良いことと聞いたので、美術展や映画、音楽などの感想など書いてみます。

香港 M+ Pavilion (Mプラスパビリオン)に行って来ました。

九龍駅からM+ Pavilion (Mプラスパビリオン)まで

2018年12月のクリスマス前、香港の「M+ Pavilion」に行って来ました。
2020年香港の西九龍文化区にM+という世界トップクラスの巨大現代アート美術館がオープン予定なのですが、M+ Pavilionはその隣に建てられたプレオープンのような小さな美術館です。
このM+はいわゆる現代アートだけでなく、建築、デザイン、写真、映画やポップカルチャー、演劇、ダンスなども含めた視覚芸術全般を対象にしているのが特徴で(だからMuseumプラスでM+)、香港を中心に中国全土、そしてアジア全域の視覚芸術を収集、体系化して保存、研究、展示していこうという、スケールの大きなプロジェクトです。工事の遅れでオープンが何度か延期され、世界中のアートファンからオープンが待たれています。

M+ Pavilionは香港の地下鉄九龍駅からシャトルバスで10分程度のところにあります。シャトルバス乗り場は裏口のようなところでちょっと分かりにくいのですが、一応ちゃんとした乗り場で案内も出てます。朝一の10時のバスを待っていると、時間の10分くらい前にバスが到着。降りてきたスタッフらしき若者から「M plus?」と聞かれたのですぐにわかりました。結局発車時間が来てもバスには他に乗客はおらず、本当にオープンしているのか、見学するようなものなのか若干不安になりました。

f:id:thonda01:20190104230608j:plain

建設中のM+。18階建てで、研究施設や、展示室、シアターなどが入るそう。壁面はLEDになり、さまざまな表現が対岸からも見られるようになるらしいです。建築は、Herzog & de Meuron + TFP Farrells。SANAAや伊藤豊雄も最終選考に残ったコンペで選ばれました。

バスはM+をはじめとする工事中の西九龍文化区の建設現場をぐるっとまわり、いったんM+で停車。しばらく待つと再度発車して、すぐにM+ Pavilionに到着しました。 

ここでも朝一だからか人影はありませんでしたが、すぐ目の前にはっきり書かれたM+ Pavilionというプレートと鏡張りの建築(VPANG architects ltd + JET Architecture Inc + Lisa Cheung)が現れたので、やっと安心しました。

M+ Pavilion エントランス

M+ Pavilion エントランスとグッズ売り場

入り口をはいると、右側の壁にM+の概要を紹介するパネルとプロモーション動画を流すモニターがあります。正面には簡単なグッズ売り場、その奥にすすんで2階に上がったところが展示室でした。

f:id:thonda01:20190104234735j:plain

M+紹介パネル

M+プロジェクトの紹介パネル。M+のコンセプトや建築の規模、計画中のプロジェクトなどが掲示されています。

M+グッズ売り場

グッズ売り場。今回の展示作品でもあるイサムノグチのAKARIも見えます。

M+グッズ売り場


現在の展示は、イサムノグチとダン・フォーというベトナムの現代アーティストの共同展示。正確には近年イサムノグチをリサーチしているダン・フォーが自ら選定したイサムノグチの作品に自身の作品を関連させて一つの展示を構成していました。

M+ Pavilionの入場はなんと無料です。

M+、イサム・ノグチ、ダン・フォー

Noguchi for Danh Vo: Counterpoint

イサムノグチの作品は、日本だと後期の庵治石の彫刻や、モエレ沼公園などのランドスケープの作品が有名で、また実際、日本国内でみられるのもそういったものが多いのですが、この展示では、ニューヨークのイサム・ノグチ美術館とのコラボレーションによって、初期のプロダクトデザインや、第二次世界大戦後の欧米の抽象画やポップアートのムーブメントに呼応した作品など、幅広い年代のものが見られます。

最初に見たときは、このコラボレーションによって、アジアと欧米のアートを結びつけるというのがM+のキュレーターの企画意図に含まれているのかと思いましたが、展覧会の図録を読むと、そもそもイサム・ノグチのはらんでいるアジアと西洋の2つの文化の境界や対立、越境といったテーマを浮かび上がらせるのが、また現代アーティストとしてのダン・フォーのテーマのひとつでもあり、この展示自体の作品選定やイサム・ノグチ美術館とのコラボレーションも、作家であるダン・フォーによって成されたもののようです。

f:id:thonda01:20190202170826j:plainf:id:thonda01:20190202171021j:plain

f:id:thonda01:20190202170956j:plainf:id:thonda01:20190202170835j:plain

 

f:id:thonda01:20190104231938j:plainf:id:thonda01:20190104232032j:plain

イサムノグチ作品イサムノグチ作品

イサムノグチ作品

イサムノグチの作品で、スタッフの方が"special kind of stone"といいながら叩いてくれたんですが、香川のカンカン石(サヌカイト)ですね。

f:id:thonda01:20190202174608j:plainf:id:thonda01:20190202170855j:plain

そして、イサム・ノグチの作品と連続する形で、展示室の奥にはダン・フォー自身の作品が展示されています。

f:id:thonda01:20190202174759j:plain

中国の西南地方に位置する貴州省トン族の伝統的なパゴダ(仏塔)の骨組みの側面にイサム・ノグチのAKARIが組み合わされ、内部には、19世紀にベトナムで布教活動を行い殉教したフランス人キリスト教宣教師の写真が飾られています。パゴダとAKARIは素材的にもデザイン的に違和感なくひとつの建築物のようでしたが、その一体化した作品の中に、ダン・フォーがイサム・ノグチに見出した自分の関心やテーマとの共通性が現れており、また文脈の異なる複数の作品をあえて掛け合わせることで、文化的対立と浸透の歴史がより深く捉えられるようです。

また、図録の解説によると展示室自体をダン・フォーは中国の文人庭園に見立ててレイアウトしており、展示室の外のテラスにはイサム・ノグチの鉄の彫刻が置かれていました。

イサムノグチ作品

そこから、さらに階段を下りられるようになっており、展示室のある建物を出ると、外の2つのコンテナの中にダン・フォーの以前発表された作品が数点展示されていました。

f:id:thonda01:20190202171443j:plainf:id:thonda01:20190202171045j:plain

 

f:id:thonda01:20190104234300j:plainf:id:thonda01:20190202175703j:plain

ダン・フォー作品f:id:thonda01:20190202175658j:plain

f:id:thonda01:20190202175635j:plain

 イサム・ノグチの、特に石の作品は置かれる空間によっては、魅力が死んでしまうように感じることもあるのですが、今回の展示ではテラスに面した壁がガラス張りで自然光が入るためか、また先に書いたように、展示室自体を文人庭園に見立てるという趣向の繊細さからか、初期から後期までの幅広い作品を一つの展示室に置いても雑然とならず、むしろその作品のユニークさが際立つようで、非常に良かったです。

また、鑑賞中は気が付かず、あとで図録の解説を読んでわかったのですが、この展示はイサム・ノグチの展示でもあると同時に、その企画や展示形式を含めた全体がダン・フォーのアートでもあるという入れ子のような構造をもっているようです。

イサム・ノグチとダン・フォーの二人の作家の展示としても十分楽しめますが、そのコンセプトを知った上で、あとから自分で撮った写真を見ながら、図録の作品解説と共に展示の印象をダン・フォーの表現として反芻すると、全く異なる意味が現れてきて非常に面白く感じました。

M+土産

展示自体も入場無料とは思えない充実したものでしたが、もう一つ印象深かったのが、一室のみの展示に案内のスタッフが3、4人もいたこと、そして全展示作品の写真と英語・中国語による作品解説を掲載した60ページを超える図録がタダでもらえたことでした。エントランスの受付では、帰り際に缶バッジとM+を紹介する全ページカラーの装丁された冊子までタダでもらえました。

M+冊子

図録

英語と繁体字併記の図録。

一般公開されている割に、来場者は他にほとんどおらず、今の段階ではあまりプロモーションはせずに、プレスや、行政、教育関係の視察が主な対象にされているのかもしれません。
とにかくプレオープンの無料展示とは思えない充実ぶりで香港政府がM+にどれだけ力を入れ、予算をかけているかが良くわかります。香港は他にも、PMQや大館、H Queen’sといったアート施設やギャラリーがここ2、3年で立て続けにオープンしており、政府肝入りの文化政策でアート都市香港を確立させようという勢いを感じます。

このM+のもう一つの話題は、中国政府からの検閲にどこまで抵抗出来るかというもので、すでに一度、中国政府からの干渉があったことを仄めかす理由で、初代館長が辞任しています。M+のコレクション対象である中国の現代アートには政治的なものも多く、天安門事件などのテーマは中国政府は非常に敏感ですが、M+のコレクションにはそういったものも含まれてくると思います。
香港と中国、そしてキュレーターやスタッフ、それぞれに目指すベクトルがありそうで、そういった意味でも注目ですが、どちらにしても建物やコレクション、展示自体が面白いものになりそうで楽しみです。

 

www.westkowloon.hk

ボブ・ディラン フジロック 予習

ボブ・ディランは予習しても意味がないと言われてます。アレンジが全然違うからと。でも歌詞はそんなには変わらない。

したがって予習は歌詞!

フジロック2日前の韓国公演のセットリストから、歌詞をまとめました。直前まで読み込んで、大まかな意味と、サビの音を掴みましょう。

 

①All Along The Watchtower

“There must be some way out of here,” said the joker to the thief

“There’s too much confusion, I can’t get no relief

Businessmen, they drink my wine, plowmen dig my earth

None of them along the line know what any of it is worth”


“No reason to get excited,” the thief, he kindly spoke

“There are many here among us who feel that life is but a joke

But you and I, we’ve been through that, and this is not our fate

So let us not talk falsely now, the hour is getting late”


All along the watchtower, princes kept the view

While all the women came and went, barefoot servants, too


Outside in the distance a wildcat did growl

Two riders were approaching, the wind began to howl 

 

②Don't Think Twice, It's All Right

Well it ain't no use to sit and wonder why, babe

If'n you don't know by now

And it ain't no use to sit and wonder why, babe

It'll never do somehow

When your rooster crows at the break of dawn

Look out your window and I’ll be gone

You’re the reason I’m a-traveling on

But don’t think twice, it’s all right

 

And it ain't no use in turning on your light, babe

The light I never knowed

And it ain't no use in turning on your light, babe

I’m on the dark side of the road

But I wish there was something you would do or say

To try and make me change my mind and stay

But we never did too much talking anyway

But don’t think twice, it’s all right

 

So it ain't no use in calling out my name, gal

Like you never done before

And it ain't no use in calling out my name, gal

I can’t hear you anymore

I’m a-thinking and a-wondering, walking down the road

I once loved a woman, a child I’m told

I gave her my heart but she wanted my soul

But don’t think twice, it’s all right


③Highway 61 Revisited

Oh God said to Abraham, “Kill me a son”

Abe said, “Man, you must be puttin' me on”

God say, “No.”

Abe say, “What?”

God say, “You can do what you want, Abe, but

The next time you see me comin' you better run”

Well Abe says, “Where you want this killin' done?”

God says, “Out on Highway 61”


Well Georgia Sam he had a bloody nose

Welfare Department they wouldn’t give him no clothes

He asked poor Howard where can I go

Howard said there’s only one place I know

Sam said tell me quick man I got to run

Old Howard just pointed with his gun

And said "That way, down Highway 61"

 

Well Mack the Finger said to Louie the King

I got forty red, white and blue shoestrings

And a thousand telephones that don’t ring

Do you know where I can get rid of these things?

And Louie the King said "Let me think for a minute son"

And he said "Yes, I think it can be easily done

Just take everything down to Highway 61"


Now the fifth daughter on the twelfth night

Told the first father that things weren’t right

"My complexion" she says "is much too white"

He said "Come here and step into the light"

He says "Hmm you’re right

Let me tell the second mother this has been done"

But the second mother was with the seventh son

And they were both out on Highway 61

 

Now the rovin’ gambler he was very bored
He was tryin’ to create a next world war
He found a promoter who nearly fell off the floor
He said I never engaged in this kind of thing before
But yes I think it can be very easily done
We’ll just put some bleachers out in the sun
And have it on Highway 61


④Simple Twist Of Fate

They sat together in the park

As the evening sky grew dark

She looked at him and he felt a spark

Tingle to his bones

'Twas then he felt alone

And wished that he'd gone straight

And watched out for a simple twist of fate

 

They walked alone by the old canal

A little confused, I remember well

And stopped into a strange hotel

With a neon burning bright

He felt the heat of the night

Hit him like a freight train

Moving with a simple twist of fate

 

A saxophone someplace far-off played

As she was walking on by the arcade

As the light bust through a beat-up shade

Where he was wakin' up

She dropped a coin into the cup

Of a blind man at the gate

And forgot about a simple twist of fate


⑤Duquesne Whistle

Listen to that Duquesne whistle blowing

Blowing like it's gonna sweep my world away

I wanna stop at Carbondale and keep on going

That Duquesne train gon' rock me night and day


You say I'm a gambler, you say I'm a pimp

But I ain't neither one


Listen to that Duquesne whistle blowing

Sounding like it's on a final run

 

Listen to that Duquesne whistle blowing

Blowing like she never blowed before

Blue light blinking, red light glowing

Blowing like she's at my chamber door


You smiling through the fence at me

Just like you always smiled before


Listen to that Duquesne whistle blowing

Blowing like she ain't gon' blow no more

 

Can't you hear that Duquesne whistle blowing?

Blowing like the sky's gonna blow apart

You're the only thing alive that keeps me going

You're like a time bomb in my heart


⑥When I Paint My Masterpiece

Oh, the streets of Rome are filled with rubble

Ancient footprints are everywhere

You can almost think that you’re seeing double

On a cold, dark night on the Spanish Stairs

Got to hurry on back to my hotel room

Where I’ve got me a date with Botticelli’s niece

She promised that she’d be right there with me

When I paint my masterpiece

 

Oh, the hours I’ve spent inside the Coliseum

Dodging lions and wasting time

Oh, those mighty kings of the jungle, I could hardly stand to see them

Yes, it sure has been a long, hard climb

Train wheels running through the back of my memory

When I ran on the hilltop following a pack of wild geese

Someday, everything is going to be smooth like a rhapsody

When I paint my masterpiece


Sailing round the world in a dirty gondola

Oh, to be back in the land of Coca-Cola!

 

I left Rome and landed in Brussels

On a plane ride so bumpy that I almost cried

Clergymen in uniform and young girls pulling muscles

Everyone was there to greet me when I stepped inside

Newspapermen eating candy

Had to be held down by big police

Someday, everything is going to be different

When I paint my masterpiece

 


⑦Honest With Me

Well, I’m stranded in the city that never sleeps

Some of these women they just give me the creeps

I’m avoidin’ the Southside the best I can

These memories I got, they can strangle a man


Well I came ashore in the dead of the night

Lot of things can get in the way when you’re tryin’ to do what’s right

You don’t understand it—my feelings for you

You’d be honest with me if only you knew


I’m not sorry for nothin’ I’ve done

I’m glad I fought—I only wish we’d won

The Siamese twins are comin’ to town

People can’t wait—they’re gathered around


When I left my home the sky split open wide

I never wanted to go back there—I’d rather have died

You don’t understand it—my feelings for you

You’d be honest with me if only you knew


My woman got a face like a teddy bear

She’s tossin’ a baseball bat in the air

The meat is so tough you can’t cut it with a sword

I’m crashin’ my car, trunk first into the boards


You say my eyes are pretty and my smile is nice

Well, I’ll sell it to ya at a reduced price

You don’t understand it—my feelings for you

You’d be honest with me, if only you knew


⑧Tryin’ To Get To Heaven

The air is getting hotter

There's a rumbling in the skies

I've been wading through the high muddy water

With the heat rising in my eyes


Every day your memory grows dimmer

It doesn't haunt me like it did before

I've been walking through the middle of nowhere

Tryin' to get to heaven before they close the door


When I was in Missouri

They would not let me be

I had to leave there in a hurry

I only saw what they let me see


You broke a heart that loved you

Now you can seal up the book and not write anymore

I've been walking that lonesome valley

Tryin' to get to heaven before they close the door


People on the platforms

Waiting for the trains

I can hear their hearts a-beatin'

Like pendulums swinging on chains


When you think that you've lost everything

You find out you can always lose a little more

I'm just going down the road feeling bad

Tryin' to get to heaven before they close the door


⑨Make You Feel My Love

When the rain is blowing in your face

And the whole world is on your case

I could offer you a warm embrace

To make you feel my love

 

When the evening shadows and the stars appear

And there is no one there to dry your tears

I could hold you for a million years

To make you feel my love

 

I know you haven’t made your mind up yet

But I would never do you wrong

I’ve known it from the moment that we met

No doubt in my mind where you belong

 

I’d go hungry, I’d go black and blue

I’d go crawling down the avenue

There’s nothing that I wouldn’t do

To make you feel my love

 

The storms are raging on the rolling sea

And on the highway of regret

The winds of change are blowing wild and free

You ain't seen nothing like me yet

 

I could make you happy, make your dreams come true

Nothing that I wouldn’t do

Go to the ends of the earth for you

To make you feel my love


⑩Pay In Blood

Well I`m grinding my life away, steady and sure

Nothing more wretched than what I must endure

I`m drenched in the light that shines from the sun

I could stone you to death for the wrongs that you done


Sooner or later you`ll make a mistake

I`ll put you in a chain that you never can break

Legs and arms and body and bone

I pay in blood, but not my own


Night after night, day after day,

They strip your useless hopes away

The more I take, the more I give,

The more I die, the more I live,


I got something in my pocket make your eyeballs swim

I got dogs that could tear you limb to limb

I`m circling around in the southern zone

I pay in blood, but not my own


Another political pumping out his piss,

Another ragged beggar blowin’ ya a kiss

Life is short and it don’t last long

They`ll hang you in the morning and sing ya a song


Someone must have slipped a drug in your wine

You gulped it down and you lost your mind

My head so hard, it must be made of stone

I pay in blood, but not my own


How I made it back home nobody knows ,

Or how I survived so many blows

I been through hell what good did it do,

My conscience is clear, what about you


I’ll give you justice, I’ll fatten your purse

Show me your moral virtues first

Hear me holler hear me moan

I pay in blood but not my own


⑪Tangled Up In Blue

Early one mornin’ the sun was shinin’

I was layin’ in bed

Wond’rin’ if she’d changed at all

If her hair was still red

Her folks they said our lives together

Sure was gonna be rough

They never did like Mama’s homemade dress

Papa’s bankbook wasn’t big enough

And I was standin’ on the side of the road

Rain fallin’ on my shoes

Heading out for the East Coast

Lord knows I’ve paid some dues gettin’ through

Tangled up in blue


She was married when we first met

Soon to be divorced

I helped her out of a jam, I guess

But I used a little too much force

We drove that car as far as we could

Abandoned it out West

Split up on a dark sad night

Both agreeing it was best

She turned around to look at me

As I was walkin’ away

I heard her say over my shoulder

“We’ll meet again someday on the avenue”

Tangled up in blue


I had a job in the great north woods

Working as a cook for a spell

But I never did like it all that much

And one day the ax just fell

So I drifted down to New Orleans

Where I happened to be employed

Workin’ for a while on a fishin’ boat

Right outside of Delacroix

But all the while I was alone

The past was close behind

I seen a lot of women

But she never escaped my mind, and I just grew

Tangled up in blue


She was workin’ in a topless place

And I stopped in for a beer

I just kept lookin’ at the side of her face

In the spotlight so clear

And later on as the crowd thinned out

I’s just about to do the same

She was standing there in back of my chair

Said to me, “Don’t I know your name?”

I muttered somethin’ underneath my breath

She studied the lines on my face

I must admit I felt a little uneasy

When she bent down to tie the laces of my shoe

Tangled up in blue


She lit a burner on the stove

And offered me a pipe

“I thought you’d never say hello,” she said

“You look like the silent type”

Then she opened up a book of poems

And handed it to me

Written by an Italian poet

From the thirteenth century

And every one of them words rang true

And glowed like burnin’ coal

Pourin’ off of every page

Like it was written in my soul from me to you

Tangled up in blue


I lived with them on Montague Street

In a basement down the stairs

There was music in the cafés at night

And revolution in the air

Then he started into dealing with slaves

And something inside of him died

She had to sell everything she owned

And froze up inside

And when finally the bottom fell out

I became withdrawn

The only thing I knew how to do

Was to keep on keepin’ on like a bird that flew

Tangled up in blue


So now I’m goin’ back again

I got to get to her somehow

All the people we used to know

They’re an illusion to me now

Some are mathematicians

Some are carpenters’ wives

Don’t know how it all got started

I don’t know what they’re doin’ with their lives

But me, I’m still on the road

Headin’ for another joint

We always did feel the same

We just saw it from a different point of view

Tangled up in blue 


⑫Early Roman Kings

All the early Roman Kings in their sharkskin suits

Bowties and buttons, high top boots

Driving the spikes in, blazing the rails

Nailed in their coffins in top hats and tails

Fly away little bird, fly away, flap your wings

Fly by night like the early Roman Kings


All the early Roman Kings in the early, early morn’

Coming down the mountain, distributing the corn

Speeding through the forest, racing down the track

You try to get away, they drag you back

Tomorrow is Friday, we’ll see what it brings

Everybody’s talking ‘bout the early Roman Kings


They’re peddlers and they’re meddlers, they buy and they sell

They destroyed your city, they’ll destroy you as well

They’re lecherous and treacherous, hell bent for leather

Each of them bigger than all men put together

Sluggers and muggers wearing fancy gold rings

All the women going crazy for the early Roman Kings


I'll dress up your wounds with a blood clotted rag

I ain’t afraid to make love to a bitch or a hag

If you see me coming and you’re standing there

Wave your handkerchief in the air

I ain’t dead yet, my bell still rings

I keep my fingers crossed like the early Roman Kings


I'll strip you of life, strip you of breath

Ship you down to the house of death

One day you will ask for me

There’ll be no one else that you’ll want to see

Bring down my fiddle, tune up my strings

Gonna break it wide open like the early Roman Kings


I was up on black mountain the day Detroit fell

They killed them all off and they sent them to hell

Ding Dong Daddy, you’re coming up short

Gonna put you on trial in a Sicilian court

I’ve had my fun, I’ve had my flings

Gonna shake ‘em all down like the early Roman Kings

 

⑬Desolation Row

They’re selling postcards of the hanging

They’re painting the passports brown

The beauty parlor is filled with sailors

The circus is in town

Here comes the blind commissioner

They’ve got him in a trance

One hand is tied to the tight-rope walker

The other is in his pants

And the riot squad they’re restless

They need somewhere to go

As Lady and I look out tonight

From Desolation Row


Cinderella, she seems so easy

“It takes one to know one,” she smiles

And puts her hands in her back pockets

Bette Davis style

And in comes Romeo, he’s moaning

“You Belong to Me I Believe

And someone says, “You’re in the wrong place my friend

You better leave”

And the only sound that’s left

After the ambulances go

Is Cinderella sweeping up

On Desolation Row


Now the moon is almost hidden

The stars are beginning to hide

The fortune-telling lady

Has even taken all her things inside

All except for Cain and Abel

And the hunchback of Notre Dame

Everybody is making love

Or else expecting rain

And the Good Samaritan, he’s dressing

He’s getting ready for the show

He’s going to the carnival tonight

On Desolation Row


Now Ophelia, she’s ’neath the window

For her I feel so afraid

On her twenty-second birthday

She already is an old maid

To her, death is quite romantic

She wears an iron vest

Her profession’s her religion

Her sin is her lifelessness

And though her eyes are fixed upon

Noah’s great rainbow

She spends her time peeking

Into Desolation Row


Einstein, disguised as Robin Hood

With his memories in a trunk

Passed this way an hour ago

With his friend, a jealous monk

He looked so immaculately frightful

As he bummed a cigarette

Then he went off sniffing drainpipes

And reciting the alphabet

Now you would not think to look at him

But he was famous long ago

For playing the electric violin

On Desolation Row


Dr. Filth, he keeps his world

Inside of a leather cup

But all his sexless patients

They’re trying to blow it up

Now his nurse, some local loser

She’s in charge of the cyanide hole

And she also keeps the cards that read

“Have Mercy on His Soul”

They all play on pennywhistles

You can hear them blow

If you lean your head out far enough

From Desolation Row


Across the street they’ve nailed the curtains

They’re getting ready for the feast

The Phantom of the Opera

A perfect image of a priest

They’re spoonfeeding Casanova

To get him to feel more assured

Then they’ll kill him with self-confidence

After poisoning him with words

And the Phantom’s shouting to skinny girls

“Get Outa Here If You Don’t Know

Casanova is just being punished for going

To Desolation Row”


Now at midnight all the agents

And the superhuman crew

Come out and round up everyone

That knows more than they do

Then they bring them to the factory

Where the heart-attack machine

Is strapped across their shoulders

And then the kerosene

Is brought down from the castles

By insurance men who go

Check to see that nobody is escaping

To Desolation Row


Praise be to Nero’s Neptune

The Titanic sails at dawn

And everybody’s shouting

“Which Side Are You On?”

And Ezra Pound and T. S. Eliot

Fighting in the captain’s tower

While calypso singers laugh at them

And fishermen hold flowers

Between the windows of the sea

Where lovely mermaids flow

And nobody has to think too much

About Desolation Row


Yes, I received your letter yesterday

(About the time the doorknob broke)

When you asked how I was doing

Was that some kind of joke?

All these people that you mention

Yes, I know them, they’re quite lame

I had to rearrange their faces

And give them all another name

Right now I can’t read too good

Don’t send me no more letters, no

Not unless you mail them

From Desolation Row 


⑭Love Sick

I’m walking through streets that are dead

Walking, walking with you in my head

My feet are so tired, my brain is so wired

And the clouds are weeping


Did I hear someone tell a lie?

Did I hear someone’s distant cry?

I spoke like a child; you destroyed me with a smile

While I was sleeping


I’m sick of love but I’m in the thick of it

This kind of love I’m so sick of it


I see, I see lovers in the meadow

I see, I see silhouettes in the window

I watch them ’til they’re gone and they leave me hanging on

To a shadow


I’m sick of love; I hear the clock tick

This kind of love; I’m love sick


Sometimes the silence can be like the thunder

Sometimes I feel like I’m being plowed under

Could you ever be true? I think of you

And I wonder


I’m sick of love; I wish I’d never met you

I’m sick of love; I’m trying to forget you


Just don’t know what to do

I’d give anything to be with you 


⑮Autumn Leaves

The falling leaves

Drift by the window

The autumn leaves

Of red and gold


I see your lips

The summer kisses

The sunburned hands

I used to hold


Since you went away

The days grow long

And soon I'll hear

Old winter's song


But I miss you most of all

My darling

When autumn leaves

Start to fall


⑯Thunder On The Mountain

Thunder on the mountain, fires on the moon

There's a ruckus in the alley and the sun will be here soon

Today's the day, gonna grab my trombone and blow

Well, there's hot stuff here and it's everywhere I go


I was thinkin' 'bout Alicia Keys, couldn't keep from crying

When she was born in Hell's Kitchen, I was living down the line

I'm wondering where in the world Alicia Keys could be

I been looking for her even clear through Tennessee


Feel like my soul is beginning to expand

Look into my heart and you will sort of understand

You brought me here, now you're trying to run me away

The writing's on the wall, come read it, come see what it say


Thunder on the mountain, rolling like a drum

Gonna sleep over there, that's where the music coming from

I don't need any guide, I already know the way

Remember this, I'm your servant both night and day


The pistols are poppin' and the power is down

I'd like to try somethin' but I'm so far from town

The sun keeps shinin' and the North Wind keeps picking up speed

Gonna forget about myself for a while, gonna go out and see what others need


I've been sitting down studying the art of love

I think it will fit me like a glove

I want some real good woman to do just what I say

Everybody got to wonder what's the matter with this cruel world today


Thunder on the mountain rolling to the ground

Gonna get up in the morning walk the hard road down

Some sweet day I'll stand beside my king

I wouldn't betray your love or any other thing


Gonna raise me an army, some tough sons of bitches

I'll recruit my army from the orphanages

I been to St. Herman's church and I've said my religious vows

I've sucked the milk out of a thousand cows


I got the porkchops, she got the pie

She ain't no angel and neither am I

Shame on your greed, shame on your wicked schemes

I'll say this, I don't give a damn about your dreams


Thunder on the mountain heavy as can be

Mean old twister bearing down on me

All the ladies of Washington scrambling to get out of town

Looks like something bad gonna happen, better roll your airplane down


Everybody's going and I want to go too

Don't wanna take a chance with somebody new

I did all I could and I did it right there and then

I've already confessed – no need to confess again


Gonna make a lot of money, gonna go up north

I'll plant and I'll harvest what the earth brings forth

The hammer's on the table, the pitchfork's on the shelf

For the love of God, you ought to take pity on yourself 

 

⑰Soon After Midnight

 I’m searching for phrases to sing your praises

I need to tell someone

It’s soon after midnight and my day has just begun


A gal named Honey took my money

She was passing by

It’s soon after midnight and the moon is in my eye


My heart is cheerful, it’s never fearful

I been down on the killing floors

I’m in no great hurry, I’m not afraid of your fury

I've faced stronger walls than yours


Charlotte’s a harlot, dresses in scarlet

Mary dresses in green

It’s soon after midnight and I’ve got a date with a fairy queen


They chirp and they chatter, what does it matter

They’re lying there dying in their blood

Two Timing Slim, who’s ever heard of him

I’ll drag his corpse through the mud


It’s now or never, more than ever

When I met you I didn’t think you would do

It’s soon after midnight and I don’t want nobody but you

 

⑱Gotta Serve Somebody

You may be an ambassador to England or France

You may like to gamble, you might like to dance

You may be the heavyweight champion of the world

You may be a socialite with a long string of pearls


But you’re gonna have to serve somebody, yes indeed

You’re gonna have to serve somebody

Well, it may be the devil or it may be the Lord

But you’re gonna have to serve somebody


You might be a rock ’n’ roll addict prancing on the stage

You might have drugs at your command, women in a cage

You may be a businessman or some high-degree thief

They may call you Doctor or they may call you Chief


But you’re gonna have to serve somebody, yes indeed

You’re gonna have to serve somebody

Well, it may be the devil or it may be the Lord

But you’re gonna have to serve somebody


You may be a state trooper, you might be a young Turk

You may be the head of some big TV network

You may be rich or poor, you may be blind or lame

You may be living in another country under another name


But you’re gonna have to serve somebody, yes indeed

You’re gonna have to serve somebody

Well, it may be the devil or it may be the Lord

But you’re gonna have to serve somebody


You may be a construction worker working on a home

You may be living in a mansion or you might live in a dome

You might own guns and you might even own tanks

You might be somebody’s landlord, you might even own banks


But you’re gonna have to serve somebody, yes indeed

You’re gonna have to serve somebody

Well, it may be the devil or it may be the Lord

But you’re gonna have to serve somebody


You may be a preacher with your spiritual pride

You may be a city councilman taking bribes on the side

You may be workin’ in a barbershop, you may know how to cut hair

You may be somebody’s mistress, may be somebody’s heir


But you’re gonna have to serve somebody, yes indeed

You’re gonna have to serve somebody

Well, it may be the devil or it may be the Lord

But you’re gonna have to serve somebody


Might like to wear cotton, might like to wear silk

Might like to drink whiskey, might like to drink milk

You might like to eat caviar, you might like to eat bread

You may be sleeping on the floor, sleeping in a king-sized bed


But you’re gonna have to serve somebody, yes indeed

You’re gonna have to serve somebody

Well, it may be the devil or it may be the Lord

But you’re gonna have to serve somebody


You may call me Terry, you may call me Timmy

You may call me Bobby, you may call me Zimmy

You may call me R.J., you may call me Ray

You may call me anything but no matter what you say


You’re gonna have to serve somebody, yes indeed

You’re gonna have to serve somebody

Well, it may be the devil or it may be the Lord

But you’re gonna have to serve somebody 

 

⑲Blowin’ in the wind 

How many roads must a man walk down

Before you call him a man?

Yes, ’n’ how many seas must a white dove sail

Before she sleeps in the sand?

Yes, ’n’ how many times must the cannonballs fly

Before they’re forever banned?

The answer, my friend, is blowin’ in the wind

The answer is blowin’ in the wind


How many years can a mountain exist

Before it’s washed to the sea?

Yes, ’n’ how many years can some people exist

Before they’re allowed to be free?

Yes, ’n’ how many times can a man turn his head

Pretending he just doesn’t see?

The answer, my friend, is blowin’ in the wind

The answer is blowin’ in the wind


How many times must a man look up

Before he can see the sky?

Yes, ’n’ how many ears must one man have

Before he can hear people cry?

Yes, ’n’ how many deaths will it take till he knows

That too many people have died?

The answer, my friend, is blowin’ in the wind

The answer is blowin’ in the wind 


⑳Ballad Of A Thin Man

You walk into the room

With your pencil in your hand

You see somebody naked

And you say, “Who is that man?”

You try so hard

But you don’t understand

Just what you’ll say

When you get home


Because something is happening here

But you don’t know what it is

Do you, Mister Jones?


You raise up your head

And you ask, “Is this where it is?”

And somebody points to you and says

“It’s his”

And you say, “What’s mine?”

And somebody else says, “Where what is?”

And you say, “Oh my God

Am I here all alone?”


Because something is happening here

But you don’t know what it is

Do you, Mister Jones?


You hand in your ticket

And you go watch the geek

Who immediately walks up to you

When he hears you speak

And says, “How does it feel

To be such a freak?”

And you say, “Impossible”

As he hands you a bone


Because something is happening here

But you don’t know what it is

Do you, Mister Jones?


You have many contacts

Among the lumberjacks

To get you facts

When someone attacks your imagination

But nobody has any respect

Anyway they already expect you

To just give a check

To tax-deductible charity organizations


You’ve been with the professors

And they’ve all liked your looks

With great lawyers you have

Discussed lepers and crooks

You’ve been through all of

F. Scott Fitzgerald’s books

You’re very well read

It’s well known


Because something is happening here

But you don’t know what it is

Do you, Mister Jones?

 

Well, the sword swallower, he comes up to you

And then he kneels

He crosses himself

And then he clicks his high heels

And without further notice

He asks you how it feels

And he says, “Here is your throat back

Thanks for the loan”


Because something is happening here

But you don’t know what it is

Do you, Mister Jones?


Now you see this one-eyed midget

Shouting the word “NOW”

And you say, “For what reason?”

And he says, “How?”

And you say, “What does this mean?”

And he screams back, “You’re a cow

Give me some milk

Or else go home”


Because something is happening here

But you don’t know what it is

Do you, Mister Jones?


Well, you walk into the room

Like a camel and then you frown

You put your eyes in your pocket

And your nose on the ground

There ought to be a law

Against you comin’ around

You should be made

To wear earphones


Because something is happening here

But you don’t know what it is

Do you, Mister Jones? 

苦海浄土

池澤夏樹が編纂した世界文学全集に日本人作家で唯一選ばれたのが石牟礼道子の「苦海浄土」。
「まずもってこれは観察と、共感と、思索と、表現のすべての面に秀でた、それ以上に想像と夢見る力に溢れた、一個の天才による傑作である。読むたびにどうしてこんなものが書き得たのかと呆然とするような作品である。」(池澤夏樹


作家、石牟礼道子逝去をつたえる短いニュースは、水俣病患者の救済活動と合わせて語られるので「苦海浄土」が社会問題を取り上げた重たい文学だと思われるのは当然だとしても、読んでみれば他の何にも在り得ない美しい表現に溢れた小説であり詩であり、また当然それだけではなく、大企業と個人、中央と地方、病と信仰、科学と人間と自然など、今読むべきこと、これから読まれるべきことが、圧倒的な純度と密度で同時に存在している作品です。読み終わっても、いつまでも、水俣の海の輝きと、漁師たちの語りが遠くに、近くに存在するような気がします。

世界文学全集刊行時のインタビュー
-------------------------
チッソの病院の院長先生でいらっしゃいました)細川先生がご臨終のときにおっしゃいました。「僕はあなたとお会いするのに、美しい話をしたかったんです。今度生まれたときはそういう美しい話を出来る立場で。お互いに。この世を去るのに、それが一番気がかりでございます」と先生がおっしゃいましたことが私を励まし続けてきたように思うんです。それで、人が美しく生きるということはどういうことかというのを、ずっとテーマで水俣病を題材に書きましたのに、それが、本当のテーマというのは、美しい話をどなたとでもできるという・・・できるようになりたいものだ、ということが悲願のようでございまして・・悲願のようでございましたけれども、うかうかと歳をとってしまいまして、一体何をして私は生きてきたんだろうと、思うんですね。
それで細川先生と、あの世でお目にかかれると、私は思い込んでおりますので、残りの余生をそのように生きられたらと思って今に至っております。
--------------------------

youtu.be

とにかく、「苦海浄土」という文字は日本語のネットの海にも一つでも多く存在すべき文字で、一人でも多くの人が興味を持って手に取るべき本だと思います。

ボブ・ディランが英語学習に効果的な7つの理由(その4~7)

ボブ・ディランが英語学習に効果的な7つの理由」前回の記事の続き、残りの4~7つ目の理由をまとめて。

 

4.歌詞を英語として学習するためのリソースが豊富

曲の歌詞で英語を勉強しようとするなら、これは大事な点です。

昔は、歌詞カードと対訳を比べながら英語辞書片手に、音源を聞くという、なかなかにややこしい作業が必要でした。歌詞カードだけ持ち歩いて、電車で読んだりしたものです。しかし、今は、インターネットがあるので、歌詞は全て公式サイトで手に入るし、スマホでも見られますから、ずいぶん便利になりました。

ボブ・ディランの場合は、何しろボブ・ディランですから、膨大な楽曲の歌詞が全て公式サイトで検索できます。

Albums Archive | The Official Bob Dylan Site

また上でも挙げた、Geniousというサイトでは、歌詞の背景がユーザによってシェアされています。

genius.com

携帯音楽プレーヤーやスマホに曲を入れておいて、聞きたいときに、その場でどんな曲でも歌詞が見られるというのは、実際非常に便利です。ボブ・ディランの場合は、名実ともにいわゆるトップアーチストですので、そのリソースの充実度は完璧です。

ディランは、ホームページ開設もかなり早く、サイトのデザインなども常に最先端な印象があります。レコード会社としても、ボブ・ディランというアーティストを一種のアイコンとみなして、メディアでのデザインなどにも力を入れているのでしょう。

ちなみにディラン本人は、歌詞を見ながら曲を聞くというのは、曲の勢いをそぐことになるという理由で嫌がっていて、アルバムに歌詞カードも付けないのですが、日本人が英語詞を理解しようとするなら、歌詞を見ながら曲を聴くのは必須でしょう。一旦覚えて、歌詞を見ないでも聞き取れる、意味が分かるようになると、これまでとは全く違った曲の表情が見えてきます。

このように、原典というべきリソースは完璧な上に、ディランの場合は日本語での学習に関しても、訳詩集、解説教材などがあります。

訳詩集の場合は、絶版なのか、全詩集がバカ高くなっているので、これは今買わなくてもよいでしょう。日本版のCDを買えば、訳詩はついてますし、ノーベル賞をとったのですから、改めて最新の訳詩集がいずれ出るものと思います。 今の時代であれば、ネット上で見られるのが一番だとは思いますが。

また、訳詩はあくまで参考というか、ボブ・ディランの場合は歌ですから音が合わさって成立するもので、訳詩だけを読むのはまた別の楽しみ方ということになると思います。英語のわからない箇所を参考のために見るような感じでしょう。

その他、英語の勉強というところより、もっと深く入って文学としてのボブ・ディランの英語に興味をもつなら、下記のような書籍も最近話題になっています。

このように、単に歌詞を覚えて歌うだけでなく、一旦知ろうと思えば、より深く入っていくためのリソースが用意されていることも、その英語を学習していくモチベーションに繋がるのではないでしょうか。

 

5.外国人と共通の話題ができる。

英語を学ぶ上で、ネイティブ、あるいは他の国の英語学習者と会話をすることは一番大きな楽しみの一つだと思います。

しかし、初対面の相手との会話では、日本人どおしでも話題を見つけるのに苦労することもあるくらいで、それが英語となると、なかなかのハードルです。

なにか特別なシチュエーション、たとえば、事故で遅れている電車を待っているとか、同じ作業を協力してやる必要があるとか、飛行機で隣り合わせで目的地が同じとか、そういう場合であれば、その状況が共通の話題になりますが、特にそういうものがなく"Hi" "Hi"で始まる会話では、最初は自己紹介とか出身地の話とかで間が持ちますが、それも最初だけで、すぐに話題に詰まります。

そこで音楽の話なんてしてみて、相手も同じ趣味だったりすれば、曲名やアーティスト名を並べるだけで、結構盛り上がれるでしょう。

そういう意味では、英語圏でのボブ・ディランは年代問わず誰でも知っているという幅広さと、本人にまつわる歴史や逸話、作品の多さから、かなりディープに話ができるという深さの両方を持ってると言えるのではないでしょうか。

個人的にも、アメリカ人、カナダ人、オーストラリア人、イギリス人に対して、ボブ・ディランの話題を持ち出したことがありますが、知らない、興味ないという反応はまずなくて、"He is sad"、"He is difficult"というようなものも含めて、必ず何かのコメントは返ってきました。"He is sad"というのは”Knockin'on the heaven's door”なんかのイメージでしょうか。

実際は、音楽はあまり知らなくても、英語圏では文化的な存在として"Bob Dylan"という名前にはちょっと特別なニュアンスがあるような気がします。
昔、遊びに行ったサンノゼの友人のうちでは、家族全員が音楽好きで、家族でボブ・ディランブートレグのライブ録音の話などしていました。

その友人はディランよりニール・ヤングが好きで、その兄はボブ・ディラン派。野球を見に行く車の中で何をかけるかで争って、結局行きはボブ・ディラン、帰りはなぜかグレイトフル・デッドになった思い出があります。

 

6. 圧倒的な物量で読み尽くせない(はまると抜けられない)

本当のことを言えば、英語を好きになるきっかけになれば、誰でも自分が好きなアーティストが一番なのですが、それでも、やっぱり絶対的な量というものはあります。

短命、あるいは寡作なアーティストだと、英語教材としては限りがあります。

その点、ボブ・ディランは次のアルバムで38作目。とにかくコンスタントに半世紀以上作品を出し続けて、しかも同時進行でブートレッグシリーズがリリースされていくので、曲数は増えるばかり。どれくらいになるのか、公式サイトの曲一覧では現在のところ653曲ありました。

Songs | The Official Bob Dylan Site

ひとつひとつの歌詞の量も内容も相当の手ごたえですから、日本人が英語を勉強する教材としては一生付き合っていけるものでしょう。

このボリュームは、逆に、ボブ・ディランにはまると抜けられなくなるといわれる原因のひとつでもあります。

 

7.英語という言語を好きになる。

最近では、 語学の勉強は良い職を得るためとか、昇進のためとか、グローバル環境で活躍するためとか、そんな理由もあるようですが、個人的には、語学をそういった見方だけにとどめておくのはつまらないと思います。

語学を勉強するのは、異なる文化そのものを、自分の頭や体にとりいれたり、自分がその文化の中に入っていこうとする行為だと思います。その摩擦や違和感も含めて、驚きや自分の変化が面白いし、その異なる文化を持った個人や作品とのコミュニケーションが面白い。

学習のきっかけは、必要に迫られてというケースもあるとは思いますが、その場合でも、その文化の中に自分が心から好きになれる存在があれば、とてもラッキーだと思います。もちろん、それは自分にとっての特別な存在ですから、歌手でも作家でも映画俳優でも、その人それぞれです。

僕の場合は、ボブ・ディランが英語を好きになった理由のひとつと、はっきりと言えますし、常にボブ・ディランの英語が日常の中にあって、仕事で自分の英語がどんなに拙いか身に染みたときでも、英語ネイティブとのコミュニケーションがうまくいかなかったときでも、ボブ・ディランを聞いた時、その同じ英語で歌われる歌に勇気づけられたり、救われたりします。

そんな存在がボブ・ディランなのだと、そんな風にしてボブ・ディランを聞いている人が、世界中にいるのでしょう。

----------------------------------------------------------------

最後に、今年に入って日本だけの企画として個人的に大ヒットな、ボブ・ディラン日めくりカレンダーを紹介しておきます。

毎日1フレーズのボブ・ディランの歌詞と、レアな写真が楽しめるという、考えたの誰?!直接お礼を言いたい!くらいの企画。

毎日、1フレーズ覚えるだけでも、ほら、ボブ・ディランで英語が上達します!

dylancalendar.com

ボブ・ディランが英語学習に効果的な7つの理由(その3)

ボブ・ディランが英語学習に効果的な7つの理由」前回の記事の続き、3つ目の理由です。

 

3.引用による英語文化の広がりがある

ボブ・ディランの歌詞に膨大な引用があることは良く知られています。

聖書や、シェークスピア英米の詩人たち、伝承歌など。昔からディラン研究者の間では引用を見つけて解釈するのが、ひとつの必須科目のようになってます。

基本的に英語圏の文化をベースにした引用ですので、日本人が聞いてすぐに理解するのは難しいのですが、聞いたことのある固有名詞が出て来る場合など、ちょっとググってみたりすると、その歌詞の暗喩の面白さに気づいたりします。

特に聖書は引用されることが多いのですが、ボブ・ディランの歌詞を味わおうとすると、必然的に個人の体験を超えて、その背景にある英語文化の広がりにも触れることになります。

例えば、1965年のアルバム「追憶のハイウェイ61」に収録された「廃墟の街」

"Desolation Row"には様々な物語や実在の人物が登場します。

vimeo.com

歌詞、ながーいんですけど、やっぱり載せましょう。

ちなみに、脚韻は各連の2行目と4行目、6行目と8行目、10行目と12行目に踏んでいます。

They’re selling postcards of the hanging
They’re painting the passports brown
The beauty parlor is filled with sailors
The circus is in town
Here comes the blind commissioner
They’ve got him in a trance
One hand is tied to the tight-rope walker
The other is in his pants
And the riot squad they’re restless
They need somewhere to go
As Lady and I look out tonight
From Desolation Row

Cinderella, she seems so easy
“It takes one to know one,” she smiles
And puts her hands in her back pockets
Bette Davis style
And in comes Romeo, he’s moaning
“You Belong to Me I Believe
And someone says, “You’re in the wrong place my friend
You better leave”
And the only sound that’s left
After the ambulances go
Is Cinderella sweeping up
On Desolation Row

Now the moon is almost hidden
The stars are beginning to hide
The fortune-telling lady
Has even taken all her things inside
All except for Cain and Abel
And the hunchback of Notre Dame
Everybody is making love
Or else expecting rain
And the Good Samaritan, he’s dressing
He’s getting ready for the show
He’s going to the carnival tonight
On Desolation Row

Now Ophelia, she’s ’neath the window
For her I feel so afraid
On her twenty-second birthday
She already is an old maid
To her, death is quite romantic
She wears an iron vest
Her profession’s her religion
Her sin is her lifelessness
And though her eyes are fixed upon
Noah’s great rainbow
She spends her time peeking
Into Desolation Row

Einstein, disguised as Robin Hood
With his memories in a trunk
Passed this way an hour ago
With his friend, a jealous monk
He looked so immaculately frightful
As he bummed a cigarette
Then he went off sniffing drainpipes
And reciting the alphabet
Now you would not think to look at him
But he was famous long ago
For playing the electric violin
On Desolation Row

Dr. Filth, he keeps his world
Inside of a leather cup
But all his sexless patients
They’re trying to blow it up
Now his nurse, some local loser
She’s in charge of the cyanide hole
And she also keeps the cards that read
“Have Mercy on His Soul”
They all play on pennywhistles
You can hear them blow
If you lean your head out far enough
From Desolation Row

Across the street they’ve nailed the curtains
They’re getting ready for the feast
The Phantom of the Opera
A perfect image of a priest
They’re spoonfeeding Casanova
To get him to feel more assured
Then they’ll kill him with self-confidence
After poisoning him with words
And the Phantom’s shouting to skinny girls
“Get Outa Here If You Don’t Know
Casanova is just being punished for going
To Desolation Row”

Now at midnight all the agents
And the superhuman crew
Come out and round up everyone
That knows more than they do
Then they bring them to the factory
Where the heart-attack machine
Is strapped across their shoulders
And then the kerosene
Is brought down from the castles
By insurance men who go
Check to see that nobody is escaping
To Desolation Row

Praise be to Nero’s Neptune
The Titanic sails at dawn
And everybody’s shouting
“Which Side Are You On?”
And Ezra Pound and T. S. Eliot
Fighting in the captain’s tower
While calypso singers laugh at them
And fishermen hold flowers
Between the windows of the sea
Where lovely mermaids flow
And nobody has to think too much
About Desolation Row

Yes, I received your letter yesterday
(About the time the doorknob broke)
When you asked how I was doing
Was that some kind of joke?
All these people that you mention
Yes, I know them, they’re quite lame
I had to rearrange their faces
And give them all another name
Right now I can’t read too good
Don’t send me no more letters, no
Not unless you mail them
From Desolation Row

 

さて、誰が出て来たでしょうか。

有名人だと、こんな感じです・・・

シンデレラ、ベティ・デイヴィス、ロミオ、カインとアベルノートルダムのせむし男、良きサマリア人、オフィーリア、アインシュタインロビンフッドオペラ座の怪人カサノバ、ネロ、ネプチューンエズラ・パウンド、T.S. エリオット。

こんな人たちが、紙芝居のように次々と現れては、嘆いたり、議論したりします。

シンデレラは救急車が走り去ったあとの廃墟の街を掃除していますし、良きサマリア人は廃墟の街のカーニバルで行うショーの準備をしていますし、オフィーリアはノアの箱舟の大洪水の後にかかった約束の虹を見つめるふりをしながら廃墟の街を盗み見ていますし、アインシュタインはかつて廃墟の街の電気バイオリン弾きとして有名でしたが今は誰にも顧みられませんし、カサノバは廃墟の街に行ったという罪で罰せられます。

これだけでも、面白そうじゃないですか?
その面白さは、グリム童話のシンデレラ、聖書の良きサマリア人の寓話、シェークスピアハムレット旧約聖書ノアの箱舟の物語、アインシュタインの逸話、カサノバの生涯などを知っていれば、よりよく味わえるものですが、この辺りは、60年代当時、アメリカのフォークソングを聞くような若者たちの一般教養だったのだと思います。

日本人にとってはそれほどなじみのない物語もありますが、たとえすぐに調べたりはしなくても、それが、ボブ・ディランの歌詞に出てきたということを覚えていれば、なにかのきっかけに、それに関する記事や本を手に取ることもあると思います。

また、こういった物語を、この曲の場合であれば、60年代のアメリカ人の若者は文化的背景として共有していたということも、ひとつの知識として理解することになると思います。ボブ・ディランの曲のなかで広がるイメージを通じて、アメリカ人の共有している物語の一端を覗くことにもなるわけです。

英語の曲の引用元に知るにはGeniousというアメリカの歌詞共有サイトが便利なので、リンクを張っておきます。

一般ユーザーが好きな曲の歌詞を解釈して共有しているサイトです。日本人ではなかなかわからない曲や歌詞の背景が書かれていたりします。

genius.com

次回に続きます。

 

ボブ・ディランが英語学習に効果的な7つの理由(その2)

 「ボブ・ディランが英語学習に効果的な7つの理由」前回の記事の続き、2つ目の理由です。

 

2. 英語のイントネーションとリズムが明確である。

ボブ・ディランの歌の発音ってどう思いますか?一般的には、ネイティブでも何言ってるかわかんないなんて言われますよね。確かに最近のライブなんかでは、知ってる曲で歌詞を覚えてても、何て言ってるのかわからないこともしばしばです。

物真似されるときでも大体甲高い鼻声でぐにゃぐにゃしたしゃべり方をされます。あの物真似は大体80年代くらいのボブのしゃべり方ですね。

しかし、何しろフォークで始まった人ですから、60年代は、はっきりと歌詞を伝えるように歌っていましたし、逆にメロディーのために言葉のリズムやイントネーションを犠牲にするということがなく、音的にも言葉を優先しているふしがあります。それが、時々、しゃべるように歌う感じになるのですね。

特に、英語のリズムとイントネーションが思いっきり強調されている曲が、Just Like A Womanではないかと思います。

 この動画はアルバム収録とは別テイクですが、歌詞付きで分かりやすいので貼っておきます。

youtu.be

有名なサビの部分を聞いてください。

She takes just like a woman, yes, she does
She makes love just like a woman, yes, she does
And she aches just like a woman
But she breaks just like a little girl

「彼女は、女のようにtakesー得る、女のようにmakes(love)ー寝る、女のようにaches-心を痛める。でも、幼い少女のようにbreaks―壊れるんだ」という、韻の踏み方といい、座布団2000枚くらいのニクイ名フレーズですが、聞いてほしいのは、この発音の仕方。

最初の3行は、sheを軽く伸ばしてタメをつくり、韻を踏んだ動詞takes、makes、achesをアクセントを誇張ぎみに吐き出した後、justーlike-a-womanと前にアクセントのある3つの単語を抑揚とリズムをつけて流します。そして、最後の行では、無理やり付け足すようなButのあと、動詞breaksをさらにアクセントを誇張気味に、そして、最後の just like a little girlは、just like a little までを一気に発声し、落ちのgirlは優しく引き伸ばす。

メロディーや譜割りに合わせるのではなく、言葉の意味に寄り添って、英語本来の韻やアクセントを誇張気味なまでに強調して、歌っているのがわかります。

聴く人によっては、歌じゃなくしゃべってるみたいだと言われることもあるボブ・ディランの唱法ですが、意味や韻を理解したうえでこのフレーズを真似して口ずさんでみると、アクセントやイントネーション、リズムに関して、メロディーと見事に調和しているのが分かります。

僕は特に意識して英語を勉強していなかった時でも、最後のBut she breaks just like a little girlの発音をなんども真似することで、just like aの言い方やlittleの発音が理解できた実感があります。

実際、このフレーズを口に出してみると、非常に心地よく、この気持ちよさというのは、詞と曲と歌がこれ以外にないと思われる完璧さで組みあわされているということではないかと思います。

 

次回に続きます。

ボブ・ディランが英語学習に効果的な7つの理由(その1)

ボブ・ディランが、「ノーベル文学賞を喜んで頂戴します。来年コンサートに寄ったついでに受け取るので置いといてください。」と表明してからしばらく経ち、騒動も落ち着いてきたころですが、その歌詞が注目されているこの機会に、以前から僕が実感していたことを書いておきたくなりました。

それは、ボブ・ディランの曲を聞くこと、というか、洋楽の中でも特にボブ・ディランを好きになることは英語学習に大変効果があるのではないかということ。

英語の曲を聞いたり歌ったりすることが英語の勉強になるというのは、間違いのないところで、英語学校なんかでも授業に取り入れていたりするものでしょうが、一般的にはどのような音楽が使われるでしょうか。ビートルズとか、カーペンターズあたりは、よくあるかもしれませんね。ディズニー映画の主題歌とかもありそうです。

しかし、特にボブ・ディランがおすすめという意見は寡聞にして聞いたことがありません。おそらく、ネイティブでも難解という歌詞が英語学習に向くはずがないとの先入観かもしれません。

しかし、一応、それなりに英語の勉強もした自分自身の体験に基づいた意見としては、ボブ・ディランは英語学習に向いているというだけの、それなりの理由があります。

では、その7つの理由を。

1.ボキャブラリーが増える。

ボブ・ディランの歌詞は、まず言葉の分量が違います。ただでさえ長い曲が多い上に、言葉がこれでもかと詰め込まれます。その単語のジャンルも、聖書や古典文学の引用から、ブルースやフォークの常套句、スラング象徴詩的な隠喩まで多岐にわたります。その歌詞を一曲でも理解しようと調べたり、覚えて口ずさもうとするだけで、他のアーティストで同じことをする数倍のボキャブラリーに触れることになるわけです。
下記は世界初のPVともいわれる "Subterranean Homesick Blues" のビデオですが、歌詞の単語を次々にめくっていく様子は、まるで単語カードを見せながら英単語を教えているNOVA KIDSの先生のようではありませんか。ちなみに左にいる味のあるおじさんはアレン・ギンズバーグです。

youtu.be

次に"All I really want to do"の歌詞を見てみましょう。

I ain't lookin' to compete with you
Beat or cheat or mistreat you
Simplify you, classify you
Deny, defy or crucify you
All I really want to do
Is, baby, be friends with you
 
No, and I ain't lookin' to fight with you
Frighten you or uptighten you
Drag you down or drain you down
Chain you down or bring you down
All I really want to do
Is, baby, be friends with you
 
これは、「君を~したいんじゃ無い。友達になりたいだけなんだよ」という歌で6番まであるのですが、上に引用した2番までで、「~」にあたる部分に、どれくらいの動詞が出てきたでしょうか。
compete / beat / cheat / mistreat
simplify / classify / deny / defy / crucify

fight / frighten / uptighten

drag down / drain down/ chain down / bring down

いわゆる、人間関係で、できればあんまり取りたくない、取られたくない、でも取ってしまいがちな態度を表す動詞が、面白いように韻を踏んで、2番までで16個も出てくるのです。

この歌を口ずさもうとするなら、結構な動詞の学習になると思いませんか?

 

僕は君と競いたい訳でも、君を論破したい訳でも、騙したい訳でも、虐げたい訳でも、純化したい訳でも、分類したい訳でも、拒絶したい訳でも、無視したい訳でも、吊るし上げたい訳でもない。

俺は君と、友達になりたいだけなんだよ。

 

そう、僕は君と戦いたい訳でも、君を脅したい訳でも、苛立たせたい訳でも、引きずり下ろしたい訳でも、押し流したい訳でも、縛りつけたい訳でも、打ち倒したい訳でもない

俺は君とね、友達になりたいだけなんだよ

 

この曲が収録されたボブ・ディラン4枚目のアルバム「Another Side of Bob Dylan」は、それまでの「風に吹かれて」や「時代は変わる」といった曲で着せられた、社会派フォークシンガー、プロテストソングの歌い手としてのイメージを払拭するように、歌詞も音楽性も、もっと等身大の自分を表現した作風に変わったものになっています。

そのアルバムの一曲目で、こんなユーモアを交えた、皮肉っぽい歌詞を可笑しそうに歌うのが、いかにもボブ・ディランぽくて好きです。

 

youtu.be

続きは次回