読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観ないとソンダと思ったので

だれでも発信できること自体が良いことと聞いたので、美術展や映画、音楽などの感想など書いてみます。

ボブ・ディランが英語学習に効果的な7つの理由(その3)

ボブ・ディラン 音楽

ボブ・ディランが英語学習に効果的な7つの理由」前回の記事の続き、3つ目の理由です。

 

3.引用による英語文化の広がりがある

ボブ・ディランの歌詞に膨大な引用があることは良く知られています。

聖書や、シェークスピア英米の詩人たち、伝承歌など。昔からディラン研究者の間では引用を見つけて解釈するのが、ひとつの必須科目のようになってます。

基本的に英語圏の文化をベースにした引用ですので、日本人が聞いてすぐに理解するのは難しいのですが、聞いたことのある固有名詞が出て来る場合など、ちょっとググってみたりすると、その歌詞の暗喩の面白さに気づいたりします。

特に聖書は引用されることが多いのですが、ボブ・ディランの歌詞を味わおうとすると、必然的に個人の体験を超えて、その背景にある英語文化の広がりにも触れることになります。

例えば、1965年のアルバム「追憶のハイウェイ61」に収録された「廃墟の街」

"Desolation Row"には様々な物語や実在の人物が登場します。

vimeo.com

歌詞、ながーいんですけど、やっぱり載せましょう。

ちなみに、脚韻は各連の2行目と4行目、6行目と8行目、10行目と12行目に踏んでいます。

They’re selling postcards of the hanging
They’re painting the passports brown
The beauty parlor is filled with sailors
The circus is in town
Here comes the blind commissioner
They’ve got him in a trance
One hand is tied to the tight-rope walker
The other is in his pants
And the riot squad they’re restless
They need somewhere to go
As Lady and I look out tonight
From Desolation Row

Cinderella, she seems so easy
“It takes one to know one,” she smiles
And puts her hands in her back pockets
Bette Davis style
And in comes Romeo, he’s moaning
“You Belong to Me I Believe
And someone says, “You’re in the wrong place my friend
You better leave”
And the only sound that’s left
After the ambulances go
Is Cinderella sweeping up
On Desolation Row

Now the moon is almost hidden
The stars are beginning to hide
The fortune-telling lady
Has even taken all her things inside
All except for Cain and Abel
And the hunchback of Notre Dame
Everybody is making love
Or else expecting rain
And the Good Samaritan, he’s dressing
He’s getting ready for the show
He’s going to the carnival tonight
On Desolation Row

Now Ophelia, she’s ’neath the window
For her I feel so afraid
On her twenty-second birthday
She already is an old maid
To her, death is quite romantic
She wears an iron vest
Her profession’s her religion
Her sin is her lifelessness
And though her eyes are fixed upon
Noah’s great rainbow
She spends her time peeking
Into Desolation Row

Einstein, disguised as Robin Hood
With his memories in a trunk
Passed this way an hour ago
With his friend, a jealous monk
He looked so immaculately frightful
As he bummed a cigarette
Then he went off sniffing drainpipes
And reciting the alphabet
Now you would not think to look at him
But he was famous long ago
For playing the electric violin
On Desolation Row

Dr. Filth, he keeps his world
Inside of a leather cup
But all his sexless patients
They’re trying to blow it up
Now his nurse, some local loser
She’s in charge of the cyanide hole
And she also keeps the cards that read
“Have Mercy on His Soul”
They all play on pennywhistles
You can hear them blow
If you lean your head out far enough
From Desolation Row

Across the street they’ve nailed the curtains
They’re getting ready for the feast
The Phantom of the Opera
A perfect image of a priest
They’re spoonfeeding Casanova
To get him to feel more assured
Then they’ll kill him with self-confidence
After poisoning him with words
And the Phantom’s shouting to skinny girls
“Get Outa Here If You Don’t Know
Casanova is just being punished for going
To Desolation Row”

Now at midnight all the agents
And the superhuman crew
Come out and round up everyone
That knows more than they do
Then they bring them to the factory
Where the heart-attack machine
Is strapped across their shoulders
And then the kerosene
Is brought down from the castles
By insurance men who go
Check to see that nobody is escaping
To Desolation Row

Praise be to Nero’s Neptune
The Titanic sails at dawn
And everybody’s shouting
“Which Side Are You On?”
And Ezra Pound and T. S. Eliot
Fighting in the captain’s tower
While calypso singers laugh at them
And fishermen hold flowers
Between the windows of the sea
Where lovely mermaids flow
And nobody has to think too much
About Desolation Row

Yes, I received your letter yesterday
(About the time the doorknob broke)
When you asked how I was doing
Was that some kind of joke?
All these people that you mention
Yes, I know them, they’re quite lame
I had to rearrange their faces
And give them all another name
Right now I can’t read too good
Don’t send me no more letters, no
Not unless you mail them
From Desolation Row

 

さて、誰が出て来たでしょうか。

有名人だと、こんな感じです・・・

シンデレラ、ベティ・デイヴィス、ロミオ、カインとアベルノートルダムのせむし男、良きサマリア人、オフィーリア、アインシュタインロビンフッドオペラ座の怪人カサノバ、ネロ、ネプチューンエズラ・パウンド、T.S. エリオット。

こんな人たちが、紙芝居のように次々と現れては、嘆いたり、議論したりします。

シンデレラは救急車が走り去ったあとの廃墟の街を掃除していますし、良きサマリア人は廃墟の街のカーニバルで行うショーの準備をしていますし、オフィーリアはノアの箱舟の大洪水の後にかかった約束の虹を見つめるふりをしながら廃墟の街を盗み見ていますし、アインシュタインはかつて廃墟の街の電気バイオリン弾きとして有名でしたが今は誰にも顧みられませんし、カサノバは廃墟の街に行ったという罪で罰せられます。

これだけでも、面白そうじゃないですか?
その面白さは、グリム童話のシンデレラ、聖書の良きサマリア人の寓話、シェークスピアハムレット旧約聖書ノアの箱舟の物語、アインシュタインの逸話、カサノバの生涯などを知っていれば、よりよく味わえるものですが、この辺りは、60年代当時、アメリカのフォークソングを聞くような若者たちの一般教養だったのだと思います。

日本人にとってはそれほどなじみのない物語もありますが、たとえすぐに調べたりはしなくても、それが、ボブ・ディランの歌詞に出てきたということを覚えていれば、なにかのきっかけに、それに関する記事や本を手に取ることもあると思います。

また、こういった物語を、この曲の場合であれば、60年代のアメリカ人の若者は文化的背景として共有していたということも、ひとつの知識として理解することになると思います。ボブ・ディランの曲のなかで広がるイメージを通じて、アメリカ人の共有している物語の一端を覗くことにもなるわけです。

英語の曲の引用元に知るにはGeniousというアメリカの歌詞共有サイトが便利なので、リンクを張っておきます。

一般ユーザーが好きな曲の歌詞を解釈して共有しているサイトです。日本人ではなかなかわからない曲や歌詞の背景が書かれていたりします。

genius.com

次回に続きます。